看護師仕事技術

看護師の方へ様々な情報を公開していきます!

看護師として働き始めて10年が経過した看護師です。私は病院での勤務を5年間続けていましたが、結婚と出産を機に退職をして、今では訪問看護ステーションで勤務をしています。看護師の勤務というのは、様々な勤務形態をとりますので、家庭や家族の介護などと仕事を両立していく事が難しいことが多いです。また、現在では、看護師が不足しているといわれており、私が勤務していた病院全体的に最低限の人数しかいませんでしたので、急な休みを取ったりは難しい状態でした。

今訪問看護ステーションで働き出して、5年が経過していますが、訪問看護の仕事は比較的ゆったりとした時間の経過で勤務ができています。また、病院勤務とは違った面で利用者様の看護ができているので、さらにスキルアップを図れています。家庭との両立には御家族様の理解も十分に必要ですが、まずは自分自身が無理のない範囲で、条件にあった勤務先で働けている事が重要なのだと感じています。

訪問看護ステーションでの仕事

訪問看護ステーションでの仕事は、主に利用者様の家まで訪問して、健康状態の確認や必要な看護処置をかかりつけ医の指示のもとで行うのが基本です。病院勤務と大きく違うのは、すぐに医者に上申するのが難しいことや、その場で対処できるのは、自分自身の技術が必要になるので、責任も感じています。現状の問題点が発生した事に気づく能力や、その問題点をステーションに持ち帰ってかかりつけ医や他の職員と検討してさらに良い看護を継続していく事が重要です。
利用者様には、すぐには通院して必要な看護処置や医師に見てもらうことが困難な家庭も多いのです。そのため、訪問看護師がその橋渡しとなり、必要な処置や医師への状態変化の上申が行えるのは重要な仕事だと感じています。

 

訪問看護の仕事に興味のある方はこちらから!

看護師の仕事は忙しい?

看護師の仕事というのは、患者様に接する中で、感謝される仕事なので、一見やりがいがあり充実した毎日を送っているように感じている方も多いでしょう。しかし看護師の仕事は注射をしたり看護処置といっても様々なものがあり、自分自身の命の危険性や排泄処理などのみえない部分も多いのです。

看護師の命の危険性としては、まず風邪やウイルスなどに感染するリスクも非常に高いですし、看護処置の中で注射の針刺し事故によるエイズや肝炎などを発生してしまう危険性などもあります。また、少しのミスで、患者様を死にいたらせてしまうなどの業務上の責任の重さに耐えられない看護師も多くなっています。それでも看護師の仕事を続けているのは、患者様が少しでも元気になって、ありがとうと退院してくれる事を喜びに感じられるからだと思っています。

 

看護師として好条件で働きたいなら看護師求人サイトがおススメ!